about

chieru/ 大西 千絵
 chieruのシルバーアクセサリーは、長野県松本市にある工房で一つ一つ手作りで作られています。
 信州の豊かな自然にインスパイアされ、自然をモチーフにした作品を多く制作している他、シルバー以外の素材とのコラボ作品なども制作。
 植物をモチーフにした作品が代表的ですが、これらは作家自らが工房のある信州の森や山に入り採取した植物(地面に落ちたものや枯れたもの)を実際に使用して作られています。
 リサイクル銀の粉末を粘土状に加工した銀の粘土を使い、ペースト状にした粘土を植物に直接塗り重ねたり、植物を粘土に写し取るなどして作ります。800度の電気炉で焼成する事で純度99.9%の純銀のアクセサリーが完成します。

artclay silver
リサイクルシルバーを粉末状にしたものと、水、バインダーを混ぜて粘土状に加工した銀の粘土、アートクレイシルバーを使用しています。
800度で焼成する事で純度95~99.9%の純銀になる素材。
とてもエコでありながら、本物の銀の輝きを楽しむ事の出来る素材は自然にも人間にも優しくとても気に入っています。
成型の自由度が高い為、繊細な葉脈を写し取ったり、ペースト状にして葉や実などに塗布する事が可能で、制作の自由度が高いところも魅力です。

こちらのサイトのオンラインストアはchieruオリジナルショップです。

年間を通して、オンラインストアやイベント等で販売。
artclay silverの講師として各種レッスンやワークショップ等の活動もしています。